FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日は何の日!?」

みなさんこんにちは!(^-^)/
神戸三宮さんプラザ店の 斉藤 です。

   さて4月9日、今日はと言いますと・・・【大仏の日】です。

    「あれ?どこだ?どこにいったんだ?」
    ここは、むかしむかしの、奈良の大仏がある東大寺であります。
    
    ある日、大仏さまの目玉が抜け落ちて、どこへいったかわかりません。
    お坊さんたちは、さっそく京都や大阪から大仏作りの親方たちを呼んできて、
    「大仏さまの目玉を入れかえるには、どれほどのお金がかかる?」と、
    値を見積もらせました。

    すると、親方たちは、

    「そうですな、千五百両(1億円ほど)はかかります」
    と、言うのです。
    親方たちの考えでは、まず下で大きな目玉をこしらえ、目玉が出来たら足場を組んで大仏さまの目に
    はめようというものです。
    
    お坊さんたちは、

    「それは高すぎる、千両にまけろ」
    と、言いますが、親方たちは、

    「それでは赤字です。こちらも商売ですから」
    と、言います。

    「まけろ」
    「まけられぬ」
    「まけろ」
    「まけられぬ」

    そこへ、江戸からきた見物の一人が顔を出しました。
    「わしなら、二百両(1400万ほど)で、直しましょう」

    それを聞いた親方たちは、
    「馬鹿にもほどがある。なんでこれが、二百両で直せるものか」
    と、笑いました。

    ところが江戸の男は、こう考えたのです。
    (目玉が抜け落ちて見つからんとすりゃあ、大仏さまの体の中へ落ちたにちがいない。
     それを拾って、はめ直せばいいだけだ)

    お坊さんたちはお金がないので、江戸の男に頼むことにしました。
    江戸の男が目玉の穴から中に入って探すと、やっぱり目玉がありました。
    さっそくかついで上にあげ、大仏さまの目に、ピタッとはめました。
    
    お坊さんや親方たちは、それを見て言いました。
    「あいつ、目玉をはめたはいいが、自分はどこから出てくるつもりだ?出口はないはずだが・・・」
    するとなんと、江戸の男は大仏さまの鼻の穴から出てきたのです。
    みんなは感心して、
    「ほほう、目から鼻へ抜けおったわい」
    と、江戸の男をほめたたえました。
    
    それからです。
    かしこい人の事を【目から鼻へ抜ける】と、言うようになったのは。

                             おしまい( ̄^ ̄)ゞ


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。