七夕

皆様 こんにちは四天王寺参道店荒井です

 七夕の由来をご存知ですか?

今ではほとんどの人が知っている七夕。願い事を短冊に込めてお願いする行事ですがその由来は元々は違った意味から始まったとされています。

七夕は「たなばと」と呼ぶのが一般的ですが「しちせき」と読むこともあります。その歴史は古く日本のお祭りの行事の中でもとても長い間大切にされてきました。

季節の節目などを祝う行事として行われている五節句にも数えられる毎年7月7日に行われる節句です。
日本国内では幼稚園や小学校などの学び場でも短冊にお願い事を書いて笹の葉につるしたことがある事でしょう。
笹の葉に短冊を吊るしてひこぼしとおりひめにお願いごとをしたのではないでしょうか?


おりひめとひこぼしの伝説

七夕の季節になるととても輝くふたつの星があります。その一つは琴座のベガと呼ばれる星は裁縫の仕事の星、鷲(わし)座のアルタイルといわれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事の象徴の星として古代中国で考えられてきました。
この2つの星の間には天の川と呼ばれるように小さく輝く星が無数に輝く川の両側に存在しています。

この2つの星は旧暦の7月7日頃(現在の8月7日頃)に一番輝きを見せることから
2つの星がお互いを求めているように見える事をもとに七夕ストーリーが作られたと言われています。


四天王寺参道では、毎年7/6~7/8「七夕のゆうべin四天王寺」が開催され、四天王寺境内では
全長27m、400本の「笹トンネル」に願い事を書いた短冊を飾りつけることができます。
夕方になると、3万球のLED照明に彩られた笹トンネルは天の川に変わります。

夕涼みを兼ねて足を運ばれてはどうでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム