クライマックスの舞台

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

先日、当店前の谷町筋を「六文銭」の旗を揚げた数十人のウォーキング・グループが通りすぎていきました。
おそらく大河ドラマ『真田丸』ゆかりの地を巡るウォーキング・イベントがあったんでしょう。

四天王寺参道店がある天王寺区の茶臼山・堀越界隈は、大阪夏の陣の際、
徳川家康が城攻めの本陣を敷いた地であり、その本陣に攻め込んだ真田信繁(幸村)終焉の地安居神社も近くにあります。

まさに大河ドラマクライマックスの舞台ですから、そんなイベントがあっても不思議ではありません。

電車通勤の際毎日通る藤井寺道明寺や古市誉田付近も、豊臣方に加勢した浪人衆 後藤又兵衛や毛利勝永らが、伊達政宗をはじめとする徳川方の軍勢と戦った地です。
(いわゆる「道明寺の戦い」ですね。後藤又兵衛が壮絶に討ち死にした地です)
ここも大河ドラマ最終回直前、物語大詰めの舞台です。

仕事の合間や通勤途中に毎日眺めている風景が、かって歴史の大きな転換となる舞台となった地であったこと。
そして今、大河ドラマを通じて日本全国から注目されている地であること。
いい年してミーハー丸出しでみっともないですが、三谷脚本ドラマのファンだけにやっぱりワクワクしてしまいますね。
(歴史モノも幕末伝より戦国絵巻のほうが心ひかれます。それに信州出身なんで、真田 幸村には特別な思い入れがあります)

もうすぐ大河ドラマ『真田丸』は終わってしまいますが、年があけてもしばらくは幸村ゆかりの地を散策する人たちが、当店の前を行き来していると思います。

そんな天王寺散策をご予定の方、この辺は上町台地の南端、けっこう坂道が多いですよ。
ぜひ異邦人 四天王寺参道店にも休憩がてらお立ち寄り下さい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム