心が・・・震えた・・・。

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

今回は異邦人ホームページの内容とは全く関係がないお話なので
誠に恐縮なんですが、久しぶりに心が震えるような感動があったので・・・。


6月14日にロンドン「グレンフェルタワー」で発生した大規模火災を受け
、総勢50組以上のアーティストがチャリティーチームを結成し、サイモン・
アンド・ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)」
のカバーを急遽製作し発表しました。

呼びかけによって集まった同チームは、新旧さまざまな著名アーティスト
で構成され、ナイル・ロジャースやザ・フーのピート・タウンゼント、クイーン
のブライアン・メイ、グレゴリー・ポーターなどなど。私のような少々オールド
なロックファンには、どストライクともいえるスターもいます。

この曲が先日、偶然帰宅中にイヤホンで聞いていたFMラジオからオンエア
されたんですが・・・・。

曲が流れた瞬間から身体中に鳥肌がたちました。歩く足が自然に止まって
しまい、後ろから何人も通行人が怪訝そうに振り返りながら私を追い抜いて
いきましたが、そんなこともお構いなしでイヤホンから流れる歌声に全神経
を集中させてしまいました。
住宅街の細い道路のど真ん中、他人様のお宅の玄関前に虚ろな顔して突っ
立っている中年男一人。通報されて職質されても言い訳できないような間抜
けな状況です。

それくらい参加アーティスト一人一人のボーカルに圧倒されてしまったんで
すね。若い頃はバンド活動に夢中になった時期もあり、この歳にしては音楽
に馴染んだ生活をしているつもりでしたが、ここまでボーカリストの歌の圧(アツ)
に心震わされたのはウン十年ぶりの体験でした。

正直、このテのエイド・ミュージックはあまり好きではありません。85年の「We
Are The World」以降はどれもこれも二番煎じの印象があって、それにもう歳
も歳なんで、音楽で世の中や人の心が救われるなんて純粋な心なんぞとっく
に忘れていますし、「ロックンロールこそラブ&ピースだぁ~!!」なんて青臭い
こともこれっぽっちも思っておりません。

でも聞き手側がどう感じようが関係なく、好きとか嫌いとかも関係なく、言葉を
旋律(メロディー)で武装して全身全霊で解き放つ生身の人間のエネルギーに
は、到底抗うことはできないんだな。音楽ってやっぱりスゲエな・・・。と久しぶり
に感服させられた瞬間でした。

スポンサーサイト

足の蒸れと臭い

こんにちは。
四天王寺参道店の米塚です。
日増しに暑さが厳しくなってきていて、夏はもうすぐですね。
夏といえば気になるのが、足の蒸れや臭いです。

足の裏は身体の中でも特に汗をかきやすいところなので、悩まれている方は多いのではないでしょうか?

風通しを良くするためにと大きめの靴をゆったり履く方もいらっしゃいますが、
これは実は逆効果なのです。

大きい靴だといつも以上に靴の中で足が動いて筋肉を使います。
筋肉が動けば動くほど熱が出るので汗をかきます。
汗をかくと蒸れます。蒸れると臭います。
この悪循環に陥ってしまいます。

そこで!足の蒸れを軽減するためにはどうしたらいいのか?
まずは足のサイズに合った靴をヒモを締めてしっかり履くことです。
ピッタリフィットで靴を履くことで余計な筋肉が動かなくて汗もかきにくくなります。
汗をかかなければ蒸れないし、臭いの元も少なくなります。

しかし、夏にピッタリした靴はどうしても暑くてイヤだと仰る方には
是非、メッシュタイプの靴をおすすめします。
足の蒸れや臭いでお困りな方は
是非、1度異邦人でご相談ください。

ゆり園

 皆様 こんにちは四天王寺参道店 荒井です。

  先日のお休みに、舞洲ゆり園に行ってきました。
 すごく天気も良く快晴でしたが、ゆりは満開ではなかったのが少し残念でしたが、
 なんと、ヘリコプターに乗るとゆう初めての体験をしてきました。
 

              


少し怖かったですが楽しい遊覧飛行でした。                                     20170612_135603.jpg
上空から見たゆり園です。 

皆様も一度行って見られてはどうでしょうか(*^^*)

忖度(そんたく)

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

ここのところ、まるで子供が覚えたての言葉を面白がって連呼するように、
盛んに使われている「忖度(そんたく)」という言葉。
正直、なにやら政治家や官僚の保身のためや、それ以外の人物の間で生
ずる権益をめぐって繰り広げられる、いやらしい駆け引きやいらん下衆い
気配りをする様を表現するように使われていますが・・・。

そもそも「忖度(そんたく)」という言葉の本当の意味とは、

『他人の気持ちをおしはかること。他人の気持ちを推察すること。』

となるはずです。

「物事に対して相手のお気持ちになって対処しなさい。」
という理解でも間違いではないと思います。

現状はまるで流行語のようにおもしろおかしく使われていますが、人と人との
おつき合いの中で大切なことを表現している言葉なのです。でも残念ながら
あまりに下衆な事例でのみ連呼されてしまったため、悪いイメージばかりが
先行してしまっています。

でも私自身は、この言葉にはけっこう前から聞き馴染みがあります。 
もう20年以上前になりますが、当時の職場のボスがよく口にしていた言葉で
した。
「サービス業に従事する者は、いつもお客様のことを正しく忖度しなければな
らない。」と指導されていました。
「おい、百瀬!お前は今あのお客様のこと、ちゃんと正しく『忖度』できたか?
ちゃんと納得して満足してもらえたか!?」
と問われて怒られていました。
お客様との対話の中でお気持ちを正しく「忖度」することがよりよいサービスに
つながるのだと。

もちろんその教えは今も仕事において常に心がけているつもりですが、自分
以外の人間の本当の気持ちを正しく理解することは、そんなに簡単なことでは
ありません。まして人生の大先輩にあたる年齢のお客様ばかりです。私のよう
な若輩者が常にお客様のお気持ちを正しく推察して、100%の信頼を得続ける
にはまだまだ精進が必要です。おそらくこの仕事をリタイアするまで努力し続け
なければいけないでしょう。

だからこそ、サービス業に従事するものとして本当は大事にしなければならない
言葉が、本当の意味を歪曲されて世間でひどい使われ方をされている状況が残
念でなりません。

お客様からの嬉しいお言葉2

こんにちは。
四天王寺参道店の米塚です。

今回もお客様から頂戴しました嬉しいお言葉を紹介させていただきます。

大阪市内にお住まいのM様(60代)。お昼間はケアホームでお仕事され、
その後は自営の事務仕事をされているとてもお忙しい方です。
立ち仕事で腰痛もあって外反母趾だったので、新聞広告を見て初来店されたのが昨年です。

本日、3足目の靴・中敷を購入に来られた際に
再計測、再フットプリントを取り、昨年の足と今の足の状態を比較すると
足幅が細くなってらっしゃいます。
お話を伺うと、体重が減ったわけではないのだけど、
「以前までは長く歩くと外反母趾が痛くなっていたのだけど、異邦人の靴を履いてから
痛みがなくなったから、長く歩くようになったからかな?」とおっしゃってくださいました。

いえいえ、靴は痛みを取るお薬ではありません。
M様がしっかりとヒモを結び、正しく歩く様に心がけているからですよ。
靴・中敷は正しく歩くのを手助けしているだけです。

とはいえ、「痛みがなくなって歩くのが楽になった」というお言葉は本当に嬉しく、励みになります。
M様、ありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します!
NEXT≫
プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム