FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手なんです・・・。

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

さて、今年無事に成人式を迎えた私の一人娘なんですが、その準備の
話が出始めて着物レンタルのダイレクトメールが届き始めた2年ほど前
から、頑なに振袖を着るのを拒否し続けて、結局当日も自分で好きに決
めた洋装で式に出席しました。

我々両親には、父母とも自分自身の成人式もめんどくさがって出席すら
していないという、親不孝極まりない黒い前歴がありますので、まぁそこ
は娘本人の意志を尊重して無理強いせず好きにさせていましたが、問題
は双方の実家の両祖母の気持ちです。
口にはしませんが、可愛い孫の振袖姿は楽しみにしていたはずです。勿論
それなりのお祝いもいただいていますから、何もしないわけにはいきません。

そこで先日、近所の写真館にお願いして、レンタルの振袖を利用させていた
だきヘアメイクや着付けもしてもらい、我々両親も小マシなスーツなんぞ着
こんで本格的な家族写真のアルバムを製作してもらいました。

プロのカメラマンにちゃんとした家族写真を撮影してもらうなんて、さかのぼ
れば娘の七五三以来です。
娘本人のみの撮影は順調に進みましたが、家族揃っての集合写真の撮影
はえらいことになってしまいました。

『はい、お父さんも笑顔でお願いしま~す。』

『・・・・・・・。』

『あらぁ~、お父さん、ちょっと緊張してますね~。もう少し微笑んでいただけますか。』

『・・・・・・・(汗)。』

『あの~・・・、お父さん、お願いですから、もうちょっと笑って~~(怒)。』

『・・・・・・・(汗・汗)。』

後ろで爆笑する娘、恐縮して頭下げるヨメ。

だ~か~ら~・・・、作り笑顔で写真写るんが一番苦手やっていうてるやん・・・。
できんもんはできん!!勘弁してください。これでも笑うてるつもりなんです~~。
慣れないことはするもんじゃありません。

S写真館のカメラマン・スタジオスタッフの皆様、その節は大変ご迷惑をおかけしました。
素敵なアルバムを作っていただきありがとうございます。双方の実家の母も喜んで
おります。


スポンサーサイト

NGK

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

先日、お笑い好きのかみさんに連れられて久しぶりに『なんばグランド花月』
に行ってきました。劇場の前は飲み会の行き帰りなんかに何度も通りがかっ
ていましたが、実際に入場して公演を観たのは十数年ぶりです。
前回は確か実家がある長野から大阪に遊びに来た従兄弟を連れて、新喜劇
の公演を観たのを覚えています。

今回観た公演に出演した芸人が「笑い飯」「和牛」「ミキ」「スーパーマラドーナ」
「アインシュタイン」などなど・・・。(あとNMBの女の子も数人、名前とか知らんけど。)
比較的若い子たちに人気があるコンビが多かったせいか、とにかく劇場内は
若い女性のお客さんで立ち見まで満員。

普段からちょくちょくNGKに来て見慣れているかみさんは、そんな若い子たちに
気後れせず手を叩いて大笑いしていましたが、私は乗っけから耳をつんざくよう
な歓声と熱気に圧倒されてしまいました。前回観たときは「吉本新喜劇」というこ
ともあり、比較的ミドル層のお客さんが多かったんで、余計にギャップが大きくて・・・。
「・・・いまどきのNGKってこんななんや・・・。」

「和牛」の2人なんか舞台ソデから登場するだけでキャーキャー!!、大喜利み
たいなコーナーでオチ書いたフリップめくるだけでキャーキャー!!、さすがM1
準優勝コンビ。おっさんついていかれへん。もちろんおもしろかったんですけどね。

でもまぁ、たまにはこんな休日もありかな。夫婦2人で出かける機会もあまりあり
ませんからね・・・。

大切な日

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

先日、成人式当日にトンズラして一生に一度しかない晴れの日を台無しにし、
娘さん本人とそのご両親、祖父母をはじめご家族の真心を踏みにじって隠れて
いた男が、テレビカメラの前でフラッシュ浴びながら頭を下げておりました。

今年、同じく成人式を迎えた一人娘の父親である私は、ホンマに胸くそ悪い
気分いっぱいでその様子を自宅のTVで見ておりました。

成人の日、大々的に報道されていたこの事件に関して、ネットのコメント欄には
「たかが成人式ごときで・・・。」
「自分で着付けもできないくせに見栄をはるから・・・。」
などと被害者を誹謗するような心無いコメントもわずかながら散見されましたが、

同じ歳の娘がいる父親の立場で一言・・・。

娘の父親にとって、生まれてからすぐのお宮参り・七五三・成人式・そして結婚式。
これらの行事で目の当たりにする娘の晴れ姿と笑顔は、愛娘の父親として歩んで
きた人生において何物にも変えられないものなんです。かかるお金や世間体の
問題ではないんです。

特に成人式・・・。
「もしかしたら、あと数年したらこの子はもう家にはいないかもしれない。いつの間
にか子育ても終盤に差し掛かってきたんだな・・・。」
父親として子離れしなければならない心の準備をする、嬉しさと寂しさが交差する
一生に一度の区切りの日なんです。

そんな家族にとって大事な一日を無茶苦茶にしやがって・・・。

当事者でもないのに、他人事とは思えないほど悲しい気持ちにさせられた事件でした。

戎様

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
四天王寺参道店の百瀬です。

本年も皆様の『健康』を『足元からサポート』するべく、日々精進してまいります。
変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

年が明けてすぐやってくるのは『十日戎』です。商売を生業とする者にとっては
これが初詣みたいなもの。私も店舗におまつりしていた昨年のお飾り物をお預か
りして、9日の宵宮さほど混雑していないであろう時間帯を選んで、地元に近い
堺戎神社にお参りに行ってまいりました。

1年間お守りいただいたことに感謝しつつお飾り物をお返ししてから本殿に参拝。
今年おまつりさせていただくお飾り物を購入して福娘さんからお守りやお飾りを
三つ四つ付けてもらい、再び本殿に赴いて神主様から鈴を鳴らしつつご祈祷して
いただきました。

車の後部座席に転がらないように細心注意して固定させてから家路へ。
「今、私は後ろに神様をお乗せしている・・・。」というつもりで後続車から煽られる
くらいの超安全運転で帰宅。一夜明けて満員電車の中でつぶされないよう胸に
抱きかかえながら出勤。無事店舗の一番高い棚におまつりさせていただきました。

毎年ほぼ同じルーティーンで行っている恒例行事ですが、販売サービスという
商い仕事をさせていただいている者として、正月三が日に家族で行く初詣とは違う
厳粛な気持ちになる行事です。

今年も真面目に愚直にコツコツと、サービスマンとしてお客様に喜んでいただくた
めのお勤めを誠心誠意させていただきます。

反省

皆さんこんにちは。四天王寺参道店の百瀬です。

『関東は左側、関西は右側』(但し場所により例外あり)

この文言を聞いてカンのいい方はすぐお解かりかと思います。・・・・。そうです。エスカレーターでの立ち位置です。
急いでいる方への配慮としてステップの片側を空けて立つという暗黙のルールみたいなもんです。なんで関東と関西で立ち位置が左右逆なのかは・・・、すみません。僕は知らないです。(ちなみに名古屋あたりの中間点はどっちなんでしょうか?)

そもそもこの暗黙のルールは何十年も前に欧米の地下鉄駅で始められたそうで、人口が多い都市部で暮らす人々のエチケットみたいな意味合いで、ほどなくして日本の都市部にも浸透していったらしいのですが・・・、昨今、この暗黙のルールが見直されているようです。

例えば小さなお子さんを連れて利用されている方、ご高齢の方やお体に障害があり杖などを使用されている方などにとって、狭いスペースの中で後ろから駆け足で下ってくる人の波には恐怖を感じるそうです。事実後方から足をひっかけられて転倒したりする事故も発生しているそうです。

正直私もたいして急いでいるわけでもないのに、周囲の状況に流されて意味もなく駆け下っていました。そもそもエスカレーターはどんな方でも安全に安心して都市の高層ビル内や公共施設内を行き来できるように発明されたものであるはず。『バリアフリー』『ユニバーサルデザイン』という言葉が認知されるはるか以前から存在する、いわば都市の福祉施設です。

『交通時間を短縮させるためにあるもんじゃないってことです。そんなに急いでいるんだったら、そんなに体力あるんだったら階段使えってハナシなんです。それがほんとの周囲に対する配慮であり気配り・エチケットなんです。』

なんてお話を最近某TVのワイドショー番組で見聞きしました。確かにその通り。我が身を振り返って反省いたしました。そういえば、以前は駅のエスカレーターで『エスカレーターにお乗りの際は、お急ぎの方のために片側を空けてお乗りください。』なんてアナウンスが流れてましたが、今はしていませんよね。そんなことは世間じゃ当たり前のことで、自分だけが大人としての常識に欠けてたってことです。ほんま情けない。

まったくいい歳して馬鹿で、無知で、周囲に対して気配りもなくて、非常に恥ずかしい限りです。
NEXT≫
プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。