メンバーズ特典スタート!

皆さんこんにちは!

営業本部の松尾です。

この度、いつも異邦人をご愛顧いただいておりますお客様に

更なるご満足をいただきたく、いつご来店いただいてもお得で安心な

会員様特典のサービスを開始しましたっ!


異邦人全店で靴とインソール(中敷)をセットでお求めいただいたお客様に

異邦人メンバーズカードをお渡しさせていただき、

次回からご来店時に提示いただくと

お得なサービスを受けていただけます。

詳しくは下記をクリックしてください。

  ↓ ↓ ↓

異邦人メンバーズカード

これからももっとお客様に喜んでいただけるサービスを

スタッフ一同で提案していきたいと思いますので

これからも異邦人を宜しくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト

紫外線


こんにちわ~堺東店の林です


めっきり日差しが強くなりましたね

気になるのは紫外線です

少しは吸収しないといけないようですが

過度にあたり過ぎると良くないですよね

肌への影響もありますが

目からも日焼けするようです

白内障などの目の病気の原因になるとのこと

UVの効果のあるサングラスの着用がお勧めですね

私は透明のサングラスを愛用しています

室内でも紫外線は入ってきますので

仕事中でも使用できる透明が活躍しています

ウォーキングのときにもぜひ、サングラスを着けてくださいね(^∇^)ノ

関連記事

新商品続々入荷中♪

こんにちは、姫路キャスパ店の牛島です。

暖かくなって過ごしやすい時期になりましたね。

運動にもお出かけにも最適な季節となりました。

GWに向けて計画を立てられてる方も多いのではないでしょうか?

「どの靴を履いて出掛けようか?」

まだお決まりでない方!

異邦人各店では春夏にぴったりなカラーやサンダルなど新商品が続々入荷中です♪

自分にぴったり合った靴で快適にお出かけを!

ご来店お待ちしております。
関連記事

お花見


こんにちは、姫路キャスパ店の前嶋です。


先週は仕事帰りや休日にお花見をしてまいりましたので、桜の写真をいくつかご紹介いたします。

まず、前回は開花前だった場所。
ちょうど満開でした。

20180412-1.jpg

昨年も訪れた里山。

20180412-2.jpg

道中の土手にて。

20180412-5.jpg

今年は満開時に見ることができた姫路城のしだれ桜。

20180412-8.jpg


今年はお天気にも恵まれ見頃を観賞できましたが、さて来年はどうでしょうか。



関連記事

「今日は何の日!?」

みなさんこんにちは!(^-^)/
神戸三宮さんプラザ店の 斉藤 です。

   さて4月9日、今日はと言いますと・・・【大仏の日】です。

    「あれ?どこだ?どこにいったんだ?」
    ここは、むかしむかしの、奈良の大仏がある東大寺であります。
    
    ある日、大仏さまの目玉が抜け落ちて、どこへいったかわかりません。
    お坊さんたちは、さっそく京都や大阪から大仏作りの親方たちを呼んできて、
    「大仏さまの目玉を入れかえるには、どれほどのお金がかかる?」と、
    値を見積もらせました。

    すると、親方たちは、

    「そうですな、千五百両(1億円ほど)はかかります」
    と、言うのです。
    親方たちの考えでは、まず下で大きな目玉をこしらえ、目玉が出来たら足場を組んで大仏さまの目に
    はめようというものです。
    
    お坊さんたちは、

    「それは高すぎる、千両にまけろ」
    と、言いますが、親方たちは、

    「それでは赤字です。こちらも商売ですから」
    と、言います。

    「まけろ」
    「まけられぬ」
    「まけろ」
    「まけられぬ」

    そこへ、江戸からきた見物の一人が顔を出しました。
    「わしなら、二百両(1400万ほど)で、直しましょう」

    それを聞いた親方たちは、
    「馬鹿にもほどがある。なんでこれが、二百両で直せるものか」
    と、笑いました。

    ところが江戸の男は、こう考えたのです。
    (目玉が抜け落ちて見つからんとすりゃあ、大仏さまの体の中へ落ちたにちがいない。
     それを拾って、はめ直せばいいだけだ)

    お坊さんたちはお金がないので、江戸の男に頼むことにしました。
    江戸の男が目玉の穴から中に入って探すと、やっぱり目玉がありました。
    さっそくかついで上にあげ、大仏さまの目に、ピタッとはめました。
    
    お坊さんや親方たちは、それを見て言いました。
    「あいつ、目玉をはめたはいいが、自分はどこから出てくるつもりだ?出口はないはずだが・・・」
    するとなんと、江戸の男は大仏さまの鼻の穴から出てきたのです。
    みんなは感心して、
    「ほほう、目から鼻へ抜けおったわい」
    と、江戸の男をほめたたえました。
    
    それからです。
    かしこい人の事を【目から鼻へ抜ける】と、言うようになったのは。

                             おしまい( ̄^ ̄)ゞ


関連記事
NEXT≫
プロフィール

異邦人4192

Author:異邦人4192
異邦人スタッフ日記へようこそ!

足ヒザ腰の痛み、タコ魚の目や外反母趾などでお悩みの方、歩きやすい靴と中敷で解決してみませんか?


異邦人公式HPへ

RSSリンクの表示
最新記事
今までの訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム